知る人ぞ知る口コミ情報で有名な「審査の甘い」「審査の緩い」クレジットカード情報を多数調べ、厳選してご紹介します。他のクレジットカードでなかなか審査が通らない方。ぜひ参考にしてください。ここで取れないとちょっと厳しいかも・・・^^;

審査の甘いクレジットカードを厳選しました。


クレジットカードをどうしても作りたいかたへ

当サイト「審査の甘いクレジットカード」では、

  • 収入のあまり多くない方(アルバイト・フリーター・パート・主婦)や、
  • 自営業・自由業・水商売のかた、
  • 現在無職のかた、
  • 過去に支払い遅延などの原因で審査が厳しくなってしまったかた。

そういった、クレジットカードが作りにくいかたでも審査が通る可能性が高いと言われている、また実績の多いクレジットカード情報をできる限り多く集めてみました。
そして、数千、数万種類にも及ぶといわれるクレジットカードの中から、
信憑性の高い情報のみを厳選し、紹介しています。

このサイトがあなたのお役にたてれば幸いです^^;

審査の甘いクレジットカードの審査基準を比較


タイプ別でみる審査の甘いクレジットカード

クレジットカードには、発行会社の系列、業種によっていくつかに分類することができます。
例えば「消費者金融系」「銀行/証券系」「信販系」「流通系」といったものがあります。

ここでは、それぞれの詳細は省きますが、
「審査基準の甘さ、緩やかさ」という視点で見ると、

1番審査が甘いのが → 消費者金融系のクレジットカード
2番目に審査が甘いのが → 流通系クレジットカード
次に審査が甘いのが → 大々的にキャンペーンを行っているクレジットカード

となります。

消費者金融と聞くと少し怖い感じがします。
実際にはキャッシング機能充実したクレジットカードということになりますが、
やはりクレジットカードのみの目的で消費者金融のカードを申し込むのはおすすめできません。
逆に、いざというときのために、キャッシングも使えるようにしたいというのであれば、
検討してみてください(参考サイト→「クレジット機能付キャッシングを探す」)。

また、2番目に審査が甘いといわれている流通系クレジットカードは、
スーバー(例えばダイエー)や、コンビニ(例えばローソン)、デパート(たとえば高島屋)などが発行するクレジットカードです。
日常の買い物でポイントが貯まるなど、1枚あるとお得なカードです。

次に、あまり他のサイトでは紹介されていないのですが、
穴場の情報として、キャンペーンを大々的に行っているクレジットカードがあります。
入会・利用で、最大○○○○○円キャッシュバック! などのあるカードですね。
会社の方針で、新規会員を増やしたい場合に、このようなキャンペーンが期間限定でおこなわれます。
当然、キャンペーンをやってまで利用者を増やしたいということは、審査も緩やかであることが多いです。

流通系クレジットカードの人気No1

楽天KCカード

「楽天KCカード」は、インターネット物販の最大手、楽天が発行しています。
発行審査も比較的緩やかで、またポイント等の使い勝手が超バツグン。

どうしてもすぐ欲しい!というかた、消費者金融系のカードはちょっと。。。というかたにはおすすめ。
   
入会費 : 無料
年会費 : 永久無料
提携会社 : VISA CARD(ビサカード)/JCB(ジェイシービーカード)
利用限度額 : 10~50万円
審査基準 : かなり緩い( 口コミ情報No2 )

キャンペーン系クレジットカードの人気No1

JCBカード

「JCB」ブランドを提供する「JCB」が発行する区クレジットカードです。OkiDokiポイントなど独自のポイントシステムや、また入会、利用することで、現金がキャッシュバックされるキャンペーンなどを大々的に行っています。

キャンペーン内容や期間は変更されますので、申し込む前には確認をお願いしますね。
   
入会費 : 無料
年会費 : 初年度無料。ご利用合計金額に応じて翌年の年会費無料!
提携会社 : JCB(ジェイシービーカード)
利用限度額 : 10~50万円
審査基準 : 緩やか( 口コミ評価No3 )

おすすめ2社を比較してみました。

 
JCBカード

楽天KCカード
入会費 無料 無料
年会費 初年度無料。
利用合計金額に応じて翌年の年会費無料
永久無料
審査基準 緩やか( 口コミ情報No3 ) かなり緩い( 口コミ情報No1 )
提携会社 JCB(ジェイシービーカード) VISA CARD(ビサカード)
JCB(ジェイシービーカード)
     

より確実に・すぐに必要な方へのアドバイス


2枚同時に申し込むのはちょっと待った!複数同時申込の注意点

矛盾に思うかもしれませんが、より確実に欲しいというかたは、
2枚以上の複数のカードを同時に申し込むことはやめましょう。

カード業界の詳しい審査方法はここでは省きますが、
カード発行会社は、審査の際、CIC・CCB・全情連・全銀協などの信用情報機関で、
申込者の信用情報 (いつ・どこの会社で・いくら借りて・どうなったか?)を調査します。
この時に過去のクレジットカード申込み履歴もすべて記録・参照されます。

短期間の間に複数の申し込みがあると、それぞれの会社はそのことを知ることができます。
通常であれば審査が降りていた場合でも、複数の申し込みが同時にあることによって
審査が通らないということもあり得ます。

ですので、どうしても欲しいかたは、
審査が緩いことで有名な「楽天KCカード」「JCBカード」どちらかあなたの好きなほうを選んでひとつ申し込んでみてください。

どちらでもいいから、とにかく欲しい!というかたは、
楽天KCカード」がおすすめです。

もし1枚目の審査が落ちてしまったら、1ヶ月ほどの期間をあけて、
残りの1枚に再チャレンジしてみてください。


・・・・とこれが、より確実にクレジットカードを取得する方法ですが、
これだとすぐに必要というかたにとっては、少々時間がかかりすぎてしまいます。

審査基準を各会社が公開していないため意見が分かれるところですが、
同時申し込みは2枚までならば全く問題ない(問題なかった)という声もよく聞きます。

多少、審査の降りる確率は下がるかもしれませんが、どうしてもすぐに欲しいというかたは、
【2枚】を限度に同時申し込みをされてみてもいいと思います。

ただし、くれぐれも【3枚】以上同時に申し込むのはやめましょう。